IPv6の設定は、有効・無効どっちがいいの?

Windows 7は標準でIPv6をサポートしていますが、周辺機器が古いままだったり、バックボーン回線が不十分だったりすると、かなりパフォーマンスが落ちるのが現状。

引用元: IPv6の設定は、有効・無効どっちが良いの?.

なんとなくこんな記事を見つけたのでどっちのほうが早いかを試してみました。

今、自分のネット環境ではIPv6には非対応で実際あっても意味が無い機能なので 今はOffにしておきます。

将来使えるようになる可能性もあるので効果がなければOFFにしておくと いいでしょう。

ネットワークと共有センターの中のアダプタの設定の変更を開き、 その設定をするアダプタを選択し、プロパティを開きます(現在主で使われているアダプタ)。
その画面の中からインターネットプロトコルバージョン6(IPv6)のチェックボックスを外します。

IPv6無効化前

IPv6無効化後

え、あんま効果なくない?
自環境では、あんま早くなりませんでしたw

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください